【多摩市】昭和レトロな洋食を求めて!創業50年の近江牛専門店「神谷」

多摩ニュータウンの歴史と一緒に歩んできたと言っても過言でない創業50年の老舗近江牛専門店「神谷」。
併設されている【レストラン近江牛の神谷】は、変わらない美味しさの洋食が楽しめるとあって、地元聖蹟桜ヶ丘でも長年愛されているお店です。聖蹟桜ヶ丘の近江牛専門店「神谷」のレストラン1階では近江八幡の牧場から仕入れた「近江牛」を中心に上質な精肉などが販売されています。聖蹟桜ヶ丘の近江牛専門店「神谷」のレストラン今回お伝えする【レストラン神谷】へは、2階へ階段を昇っていきます。聖蹟桜ヶ丘の近江牛専門店「神谷」のレストラン地元の方がふらりと立ち寄りやすいのが、なんと言ってもランチタイム。ハンバーグやチキン・ポークなど4種類のランチがトピックに上がっていました。その他にも20種類以上の定食メニューがあるので、各自食べたいものを選べるのも嬉しいところです。聖蹟桜ヶ丘の近江牛専門店「神谷」のレストラン今回は近江牛専門店ともあり「近江牛鉄板焼き定食」をチョイスしました。
醤油と砂糖をベースにした割りしたで玉葱と一緒に炊かれた近江牛は、ご飯との相性がピッタリです!
本格和牛・近江牛をあしらったメインディッシュと、ご飯と味噌汁と小鉢・香物が付いて1073円(税別)というリーズナブルな価格も魅力的ですね。聖蹟桜ヶ丘の近江牛専門店「神谷」のレストランそしてもう一品、老舗の洋食屋のハンバーグも食べたい!ということで「ハンバーグとエビフライ定食」を注文。
お肉屋さんのハンバーグともあり、しっとりとしてジューシーで食べ応えあり!デミグラスソースがたっぷりかかっておりました。
エビフライ&タルタルソースと一緒に…というのが、なんとも昭和レトロな洋食の雰囲気ですね。聖蹟桜ヶ丘の近江牛専門店「神谷」のレストラン店内は大変広く、成人客がほとんどの落ち着いた雰囲気です。
大切な方と、お昼時を一緒に過ごすのに、ぴったりなお店と言えそうですね。

【レストラン近江牛の神谷】

(さはこお)

 

2019/12/02 07:00 2019/12/02 07:00
ジモネタ多摩市
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら