【稲城市】若葉台駅前の”例のおじさん”が、サンタになっていました♪

京王線の若葉台駅北口のロータリーのベンチにいつも座っている”サックスを吹いているおじさん”像がサンタクロースになっていました!京王若葉台駅前のサックスのおじさんがサンタクロースもちろん後ろ側のベンチの”猫さん”もサンタクロースです。
誰がいつ衣装を着せたのかが、ちょっぴり気になるところです。京王若葉台駅前のサックスのおじさんがサンタクロースこの若葉台駅前の彫像の作者は、多摩美術大学彫刻学科教授の黒川晃彦氏で”サックス奏者とベンチと猫”の組み合わせの作品を多く発表されているそうで、若葉台街びらき記念として1999年3月20日に稲城市と住宅都市整備公団(現・都市機構)が設置したものだそうです。京王若葉台駅前のサックスのおじさんがサンタクロース小ネタになりますが、毎年、漫画家イラストレーター・みうらじゅん氏の独断で贈呈される賞”2007年みうらじゅん賞”黒川晃彦氏が選ばれ、全国の黒川晃彦氏の野外彫像に美術ファンだけではなく、サブカルシーンからも注目が集まるという現象が起きました。若葉台駅前の彫像もその一つです。京王若葉台駅前のサックスのおじさんがサンタクロースそれにしてもサンタクロース以上の貫禄を感じる(?!)サックスのおじさんですが、背景には現在開催中の”若葉台イルミネーション”が見えていますね!

【稲城市】駅前が優しい光に包まれる♪若葉台イルミネーション2019始まりました!

ぜひ”サックスのおじさんと、猫さんクリスマスバージョン”に会いに来てくださいね!

”サックスを吹いているおじさん”像がある場所はこちら↓

(さはこお)

 

2019/12/03 07:00 2019/12/03 07:00
さはこお
ジモネタ多摩市
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら