【多摩市】多摩センター駅前リニューアルオープンした千歳屋へ行ってみた♪

2019/04/12 17時00分

小田急多摩センター駅前の【FarmersMarket千歳屋】が昨日、大幅にリニューアルして移転オープンしたので、がっつりリポートします! マグレブビルこれまではマグレブ・マグレブEAST両ビルの1階にあった千歳屋でしたが、今回は多摩センター駅前の陸橋からのアクセス抜群のマグレブ・マグレブEAST両ビル2F〜3Fに移転しました。千歳屋正面入口入口と出口の位置も変わっていて駅側のマグレブEAST ビル側が入口。千歳屋出口マグレブビル側が出口です。馴染みの方には分かり辛いためか、大きな案内を出口前面に張り出してました。出口に大きく貼られていた千歳屋内のマップフロアもリニューアル後は2倍に拡大!道幅も広くて快適な空間でした。
各部門がしっかり分けられて、商品が探しやすくなったのも大きな変更点です。千歳屋の新しい青果売場入口を入ってすぐ見えてくるのが青果売場。青果売場自体が広くなってました。千歳屋青果売場1オープン初日ですが、お得感も満載。千歳屋名物のレアアイテム【広告掲載以外数量限定お買い得品】も至る所に隠れてましたよ!(筆者は人参を1袋60円代でゲットしました♪)千歳屋精肉売場に肉処壱丁田が入りましたそして今回、外部から精肉売場に【肉処壱丁田】が出店してました。明治産業の系列ですね。この明治産業はローストビーフの量り売りが名物イベントでしたね。千歳屋でもオープン初日にやってましたが、レギュラー化するといいですね!千歳屋の鮮魚売場は塩干物も充実日配売場を経て鮮魚売場。忙しい時に便利な塩干物が充実しました。千歳屋魚売場スタッフさんも多かったので、三枚下ろしとか調理を頼めそうですね。
そういえば写真左上に【この先3階売り場へ(オートスローブ)】と書いてあります。千歳屋オートスロープ入口ここを上がると3階の売場へ行けます。オートスロープと名付けられた動く歩道マグレブビルとマグレブEASTビルの間に見えていたのはこのスロープだったのですね。千歳屋店内焼き上げベーカリー売場3階に到着すると、店内で焼いているという【焼きたてベーカリー】がお目見えします。ベーグルが吊られてますね♪千歳屋の惣菜売場に焼き鳥専門店も入ってましたそして、今回のリニューアルでかなり増強されたのは惣菜コーナーではないでしょうか。精肉売場同様、外部から出店しています。上は【本格やきとり川越とり将】です。千歳屋惣菜売場の中華料理中華惣菜の【本格中華・彩華楼】も入ってます。永山駅前にもある惣菜屋Zestが出店隣駅の小田急永山高架下にも入っている弁当惣菜店【いい菜ZEST】も入りました。後方にキッチンもあり、ピザ台が置かれていたので、今後焼きたて等が出てくるのかもしれませんね。千歳屋リキュールその奥に見えるリカー売場。こちらも、しっかり独立・拡大して見やすくなっていました。千歳屋菓子パン売場その後また日配コーナー。日配コーナは階をまたいで散らばってます。焼きたてベーカリーもありましたが千歳屋といえば、お買い得な菓子パンコーナー。ちゃんと存続してました。千歳屋冷凍食品売場その後、ビル間をつなぐ空中通路を抜けると、冷凍食品売場が見えてきます。広いです。千歳屋も冷凍食品売場拡大は大きなポイントとして謳ってました。この先、米や日用品の売場が続き売場は終わり、お会計に向かうのです。千歳屋会計入口ん?!【この先戻れませんのでお買い忘れのないようお願いします】と書いていますね。とりあえず【会計フロア】に行きたいので道なりに進みます。すると、2階へ下るまたオートスロープが登場します。つまり、先ほどのアナウンスはコレに乗ってしまうと例え買い忘れがあっても売場に戻ることはできないという案内でした。千歳屋スロープを経て2階の集合レジへ…言い方を変えますと、買い忘れがあると、会計を済ませ2階の出口を出て、また入口から売場へ戻り3階を経て2階の会計場に戻る必要があります。この点は少し面倒です。気をつけないといけませんね。 というわけで、新しくなった千歳屋は大型化していてイケアやコストコを意識したのかな?という印象を受けました。もちろん小さなのポーションの商品も多かったので、少数家族の方にも使える良いサイズの店とも言えます。気になった方は、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。千歳屋

ファーマーズマーケット千歳屋がある場所はこちらです↓

(サハコオ)

ジモネタ多摩市

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ