【稲城市】3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた!

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』が、稲城 城山公園で、2022年5月4日から5日の2日間開催されました。

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

場内に入ると手書きの「稲城手づくり市民まつり2022」と書かれた看板が城山公園 広場内に掲揚されていました。

久しぶりに、この文字を見ると胸に熱いものがこみ上げてきますね。

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

会場にはたくさんの来場者が集結しており、屋台グルメや、ステージパフォーマンス、そして体験ブースが城山公園内を楽しく彩っていました。

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

2022年5月5日、ステージでは稲城第五中学校 吹奏楽部の演奏が行われていました。長い自粛生活を経て久しぶりに聞く、アンプラグドの管楽器・打楽器の”生音”は本当に胸に染みます。

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

そして会場内には市民有志による屋台がたくさん登場していました。

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

数ある屋台の中から、2 日目のステージパフォーマンスでも活躍していた「YOSAKOIいなぎ藍の風」による屋台で、「とんぺい焼き フランクフルト付」をいただきました。

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

フランクフルトまでついた、とんぺい焼が1個350円(税込)と、気前の良いプライスで販売されていましたよ!

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

「稲城炭焼き倶楽部」焼き団子(1本80円・税込)

そして「稲城炭焼き倶楽部」のブースでは焼き団子(1本80円・税込)も販売されており、焦がし醤油の良い香りに惹かれて頂いちゃいました♪

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

ちなみに団子を焼く炭で作る「焼きマシュマロ」がお子様限定でサービスしていらっしゃいました♪

ここからはフォトダイジェストでご覧ください↓

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

小さな子どももパワフルに薪割りを体験中♪

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

大丸建設による端材を使ったストラップ作り

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

国際交流の会による折り紙コーナー

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

折り紙のおもてなし

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

木々をロープで繋いだ即席の”ぶら下がり遊具”

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

節の中に切れ端を閉じ込めて取り合う竹の陣取りゲーム

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

手作りのリースで森の雰囲気をお持ちかえり♪

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

森の中の写真展も素敵ですね!

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

エイトピア工房は焼菓子を販売

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

稲城市内の人気店「カフェ ロスアード」「いなぎSATOYAMAキッチン」「からあげ専門店さくら」によるキッチンカーも来場していました

3年ぶりに『稲城手づくり市民まつり2022』へ行ってみたら泣けた話

これら『稲城手づくり市民まつり2022』のプログラムは、稲城市民の有志によるものばかり。

「そうそう!この熱い雰囲気を待っていたんだ!」と、涙がこみ上げてくる思いでした。

今後もこのような素敵な祭が継続されることを切に願います!

稲城 城山公園はこちら↓

 

2022/05/08 06:48 2022/05/08 09:23
さはこお
ジモネタ多摩市

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集