【稲城市】大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の”れんげはちみつ”もいただきました♪

稲城市の大丸用水路付近の田んぼで”れんげの花”が見頃です。大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の"れんげはちみつ"もいただきました♪大丸庭園の付近の田んぼでも”れんげの花”が綺麗に咲いており、路行く人の足を止める美しさでした。大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の"れんげはちみつ"もいただきました♪可憐に咲く”れんげの花”に蜂たちも集まってきます。大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の"れんげはちみつ"もいただきました♪稲城第六小学校付近の田んぼでも”れんげの花”が咲いておりました。大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の"れんげはちみつ"もいただきました♪

実は筆者は2019年に開催された【大丸用水れんげまつり】で、この付近の”はちみつ”を採取する体験をさせていただきました。

当時の記事はこちらです↓

【稲城市】養蜂から稲城のミライを考える中学生たちに出会った!【第6回大丸用水れんげまつり】

最初はたくさんの蜂の数に驚いてしまいましたが、当時の稲城第三中学校の養蜂部の学生さんと、顧問の先生に「蜂は怖くないですよ。」「これから巣箱を手入れさせてもらいますね〜」と優しい心で接することを教えてもらいました。

第6回大丸用水れんげまつり養蜂体験

2019年の養蜂体験の様子

稲城第三中学校は【養蜂を通した環境の循環について】の学習に取り組んでいると伺ったのですが、”はちみつ”の採取を通じて、その心に触れることが出来たことを記憶しております。

第6回大丸用水れんげまつり養蜂体験

2019年の養蜂体験で使用した、はちみつ分離器

新型コロナウイルスの影響により、昨年度と本年度2年連続で、【大丸用水れんげまつり】が中止になり、大変残念でした。

しかし”れんげの花”は付近の農家さんによって、休耕前の田んぼに種が蒔かれ、現在美しく咲いております。大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の"れんげはちみつ"もいただきました♪
“れんげの花”を見つけた時は、蜂さんに接するように優しく、そして密にならないようにご観察ください。

れんげが見られる田んぼに近い大丸庭園はこちら↓

大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の"れんげはちみつ"もいただきました♪そして、稲城で採取された「稲城産れんげはちみつ」は、矢野口の(株)多摩養蜂園で購入することができます。大丸用水路付近で「れんげの花」が見頃♪稲城産の"れんげはちみつ"もいただきました♪
花の香りを感じるスッキリとした甘さの「稲城産れんげはちみつ」(写真は50g入り650円)は、パンやデザートのトッピングで使うのも素敵ですが、疲れた時に、小さじひとさじペロリと直接頂くのが一番オススメです♪

(株)多摩養蜂園はこちら↓

2021/04/28 07:28 2021/04/28 11:56
さはこお
ジモネタ多摩市
号外NET他の地域

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集