【多摩市・稲城市】列車運行再開も爪痕深く台風15号通過後の多摩・稲城の様子

未明に関東に暴風域に入った台風15号は、今朝2019年9月9日(月)午前6時ごろ千葉方向へ抜け関東から遠ざかっていきました。
昨日22時前後に各社運行を繰り上げ終了しましたが、始発以降も京王・小田急・JR・多摩モノレール共に始発から運休が続いてました。その後JRは午前9時前より運転を再開しはじめ、京王相模原線も午前9時前より運転再開しました。
南武線JR東日本

台風の影響により9日始発から同日午前8時ごろまで首都圏の在来線全線で運転見合わせと報じられていましたが、午前9時前あたりから安全が確認された線から運転再開。稲城市内を通る南武線は午前8時37分頃に全線で運転を再開しました。とはいえ遅延は続いている模様です。
そして先にアナウンスされていた通り振替輸送は実施しないそうなので、注意が必要です!
小田急小田急電鉄

台風15号上陸に伴い、小田急線では一部区間で運転を見合わせてましたが、多摩線は9:30より、そして午前10時45分より全線で運転を再開したそうです。ただ、多摩線、小田原線、江ノ島線共にダイヤは乱れているとのことです。そして東京メトロ千代田線との相互直通運転は中止。ロマンスカーも運行も見合わせているとのことです。
なお、他社線でも運転見合わせ等が生じることから振替輸送を実施しないそうなので注意が必要です。京王相模原線一時運転見合わせ京王電鉄

京王線・井の頭線は、線路点検を行っていたため、始発から運転を見合わせていましたが。京王線は午前8時40分から全線で運転を再開しました。午前11時25分時点で遅延は出ているとのことです。一方、京王井の頭線は、線路の安全確認が続いているため引き続き運転を見合わせています。井の頭線路内に倒木があったためとの情報も上がってます。なお、京王ライナー2・4・32・34号は本日9日の運休が決まっています。
そして他社線においても運転本数が少ないことから、今日は振替輸送を実施しないそうです。(京王運行情報)
多摩モノレール多摩モノレール

9月9日(月)の運行について、初電車から運転を見合せ。全線での運転再開は8時00分頃を予定していた多摩モノレールは、午前8時半から運転を再開しました。(多摩モノレールHP)

多摩市の道に倒木交通機関は動き始めているようですが、車内で疲れから体調を崩されている方も多発しているようです。そして道路の街路樹が倒木しているとの情報も(写真は2019年9月9日10時ごろ)多摩市内多数寄せられており、引き続き外出には細心の注意が必要です。皆様、台風通過後もご自愛ください。

(さはこお)

2019/09/09 11:40 2019/09/11 18:42
さはこお
ジモネタ多摩市
号外NET他の地域

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集